It’s Easy To Remember

“It’s Easy To Remember”
これも素敵な曲です。
John Coltraneの名演奏を「聴いたことが無い」という人はいませんね?
昔、”思い出すは易し”なんて、!?なタイトルが付いていたことも
この曲は、女性のほうが合いますね(というか、男性はほとんど歌っていない?)。

  • Ann Burton – Blue Burton (1976)
    殿方は、この歌い手さん 好きですね。独特な「色気」を感じます “F”
  • Carol Sloane – Whisper Sweet(2003)
    下記の譜と同じ “E♭” . しかし、Youtubeでは “F”(9:30あたりから)
  • Billy Holiday – Lady In Satin (1958)
    The Ladyのキーは “G”
  • Dinah Shore – Lavender Blue (1968)
    ポピュラーソングのようなアレンジ “A♭”
  • Sarah Vaughan – Jazz Round Midnight (1992)
    この御方も “A♭”
  • Shirley Horn – I love You Paris (1994)
    お得意の「ささやき唱法」で, ライブです. 下記の譜と同じ “E♭”
  • Joe Williams – Music for lovers (2006)
    表示のアルバムは、オリジナルではないです。インナーに”1959年の録音”と・・ “C”
  • Bing Crosby – His Legendary Years (1931-1957)[4CD]
    う~ん!? “D”
  • 下記の譜面と同じキーでのカラオケ。お勉強に使ってください。イントロ付き
    • /
    Update Required
    To play the media you will need to either update your browser to a recent version or update your Flash plugin.



Old Folks

“Old Folks”
新年早々、地味~で渋~い曲をご紹介します。
器楽演奏では、チャリー・パーカー, マイルス・デイヴィス等々、多くの演奏家がこの曲を手掛けています。

  • Carmen McRae – Best of Carmen McRae (1995)
    ブルー・ノートの”At The Great American Music Hall”が元のようですが、こちらのアルバムのほうが手に入れやすいようです(下記の譜面は”F”ですが、Carmenは “G”)
  • Lou Rawls – The Best of Lou Rawls(2006)
    ルー・ロウルズです。ソウルとジャズの中間にいるシンガーですが、こうした泥臭い曲が、とても合っています(キーは “D”)
  • 下記の譜面と同じキーでのカラオケ。お勉強に使ってください。
    • /
    Update Required
    To play the media you will need to either update your browser to a recent version or update your Flash plugin.



“Best of Carmen McRae”

日本語版は、現在絶版のようです。



“Lou Rawls – The Best of Lou Rawls”

ごめんなさい、こちらも輸入盤になります。