kozDolphy のすべての投稿

It’s Easy To Remember

“It’s Easy To Remember”
これも素敵な曲です。
John Coltraneの名演奏を「聴いたことが無い」という人はいませんね?
昔、”思い出すは易し”なんて、!?なタイトルが付いていたことも
この曲は、女性のほうが合いますね(というか、男性はほとんど歌っていない?)。

  • Ann Burton – Blue Burton (1976)
    殿方は、この歌い手さん 好きですね。独特な「色気」を感じます “F”
  • Carol Sloane – Whisper Sweet(2003)
    下記の譜と同じ “E♭” . しかし、Youtubeでは “F”(9:30あたりから)
  • Billy Holiday – Lady In Satin (1958)
    The Ladyのキーは “G”
  • Dinah Shore – Lavender Blue (1968)
    ポピュラーソングのようなアレンジ “A♭”
  • Sarah Vaughan – Jazz Round Midnight (1992)
    この御方も “A♭”
  • Shirley Horn – I love You Paris (1994)
    お得意の「ささやき唱法」で, ライブです. 下記の譜と同じ “E♭”
  • Joe Williams – Music for lovers (2006)
    表示のアルバムは、オリジナルではないです。インナーに”1959年の録音”と・・ “C”
  • Bing Crosby – His Legendary Years (1931-1957)[4CD]
    う~ん!? “D”
  • 下記の譜面と同じキーでのカラオケ。お勉強に使ってください。イントロ付き
    • /
    Update Required
    To play the media you will need to either update your browser to a recent version or update your Flash plugin.



Old Folks

“Old Folks”
新年早々、地味~で渋~い曲をご紹介します。
器楽演奏では、チャリー・パーカー, マイルス・デイヴィス等々、多くの演奏家がこの曲を手掛けています。

  • Carmen McRae – Best of Carmen McRae (1995)
    ブルー・ノートの”At The Great American Music Hall”が元のようですが、こちらのアルバムのほうが手に入れやすいようです(下記の譜面は”F”ですが、Carmenは “G”)
  • Lou Rawls – The Best of Lou Rawls(2006)
    ルー・ロウルズです。ソウルとジャズの中間にいるシンガーですが、こうした泥臭い曲が、とても合っています(キーは “D”)
  • 下記の譜面と同じキーでのカラオケ。お勉強に使ってください。
    • /
    Update Required
    To play the media you will need to either update your browser to a recent version or update your Flash plugin.



“Best of Carmen McRae”

日本語版は、現在絶版のようです。



“Lou Rawls – The Best of Lou Rawls”

ごめんなさい、こちらも輸入盤になります。



Fly Me to the Moon

“Fly Me to the Moon (In Other Words)”
はい、この曲です。知らない人はいませんね。

  • Frank Sinatra – Greatest Hits
    シナトラは、下記の譜面通りのキー(C)
    同じキー、同じような編曲でのカラオケ
    • /
    Update Required
    To play the media you will need to either update your browser to a recent version or update your Flash plugin.
  • Frank Sinatra – Duets and Duets II
    こちらは、アントニオ・カルロス・ジョビンとデュエット。
    これも同じキー(C)
  • Tony Bennett – The Essential Tony Bennett
    トニー・ベネットはヴァース(Verse)付き。、3半音上がった “E♭”
  • Michael Bolton – Swings Sinatra (2006)
    世の奥様方に人気のマイケル・ボルトン、途中で半音上がります “E”->“F”
  • Nat King Cole – The One And Only (1990)
    ヴァース(Verse)付き。途中で2半音上がります “B♭”->“C”
  • Carol Sloane – The Songs Sinatra Sang (1996)
    キャロル・スローンも良いが、フランク・ウェスのフルートが!
    • /
    Update Required
    To play the media you will need to either update your browser to a recent version or update your Flash plugin.
    キャロルのキーは “F”
  • Diana Krall – Live in Paris(2002)
    ライブです。自身が弾くピアノで。 “F”
  • Anita O’Day – Make Mine Blues (1960)
    アニタ姐御は、Verse代わりに3拍子で歌い出し、途中からキーもテンポも上げて4拍子でスウィングします。ぜひ、お聴きあれ。 “E”->“F”
  • Chris Connor
    クリスは、さらに凝っていて、スローな3拍子 -> 4拍子でスウィング -> 3拍子の構成。 転調なしの”F”
  • Julie London – Swing Me An Old Song (1996)
    殿方好みのジュリーは、ちょいとリヴァーブが多めですな。 “E”
  • June Christy – The Best Of June Christy
    ジューン・クリスティはテンポ・ルバートでささやいています。3拍子で “A♭”。これはイイ!!



Cheek To Cheek

“Cheek To Cheek”
 今夜は、アーヴィング・バーリンの名曲です。
この曲は、なんと言っても、デュエットですね!
また、素晴らしい映画「イングリッシュ・ペイシェント」でも、重要な使われ方をしています。
(各ボーカリストの使用キー付き)

  • Ella Fitzgerald & Louis Armstrong – Ella And Louis(1956)
    極め付け。サッチモは“A♭”、”The First Lady”は “F”
  • Sarah Vaughan & Billy Eckstine – The Irving Berlin Songbook
    サラは”G”、ビリ-叔父さんも”G”(転調なし)。素敵にハモッています!
  • Carmen McRae & Sammy Davis Jr – Porgy and Bess (1955)
    女王様は”G”、サミー・デイヴィスは下記の譜面通りの”C”
  • Ella Fitzgerald – The Irving Berlin Songbook(1958)
    ひとりで歌っても、キーは同じく “F”
  • Billie Holiday – The Best Of Billie Holiday
    Ladyのキーは “E♭”
  • Rosemary Clooney – The Songbook Collection
    ローズマリーのキーは “E♭”
  • Peggy Lee –  Sings the Standards (1975)
    ペギー叔母さんは、”F”
  • Diana Krall – Live in Rio (2009)
    現代の殿方キラーは、”C”。ライブです
  • Frank Sinatra – Come Dance with Me! (1959)
    シナトラは、譜面から全音さがったキー(B♭)


All By Myself

“All By Myself”
昨日に続き、「ボードウォーク・エンパイア(S1)」の挿入歌より。
スー・レイニーは、昨日と同じアルバムに入っています。

カーメン・マクレーも同名曲を歌っています。
が、これはエリック・カルメンの曲ですので、お間違いないよう。
(”Carmen”つながり!)

この曲の譜面は在りません、あしからず

  • Sue Raney – All By Myself (1960)
    アルバムのタイトルナンバーです。バックはアコ・ベースのみ!
  • Ella Fitzgerald – The Irving Berlin Songbook Volume 1(1958)
    こちらは、うって変わってオーケストラをバックに歌っています


“All By Myself スー・レイニー” ¥1,554

ジャケットは、「お風呂のスー」として・・・(ホントだってば!)。



“Sings the Irving Berlin Song Book エラ・フィッツジェラルド” ¥3,855

う~ん、”Vol.1″と”Vol.2″が一緒になって高いですね。
でも、大丈夫!


“MP3アルバム” ¥1,800

「オレは、”All By Myself”だけを聴きたいんだっ!」
OK、オーケー!


MP3 “All By Myself” ¥100