【漫画】「ゆき姉ちゃんの官能ごっこ。」のネタバレ&感想を紹介【ごっこのはずがエスカレートして...】

こんにちは。・∀・)ノ゛

今回は須河篤志先生作のフェチ&ラブコメ「ゆき姉ちゃんの官能ごっこ。」のネタバレや感想を紹介します。

ひそかに憧れている年上のお姉さんと秘密の官能ごっこ遊び!?

運動系女子の方が積極的で進んでいると思いきや、意外に文学系の方が妄想が激しいのかもしれませんね♪

官能小説を本当にやってみたらのエロさ全開で攻めています!

「ゆき姉ちゃんの官能ごっこ。」のあらすじ&ネタバレ

主人公の結城晋(ゆうきしん)はこの4月に高校生になったが、平凡な毎日をタダ過ごしていた。

ある日、学校の誰もいない教室でかすかな声が聞こえ、こっそりのぞいてみる。

そこには、下着姿で人体模型と絡み合う幼馴染のゆき姉ちゃんがいた。

ゆき姉ちゃんは、昔から本が好きで一緒に遊んでくれた初恋の人。

なんと、官能小説を読んでいるうちに主人公の気持ちを知りたくて止まらなくなってしまったが、人形相手ではよくわからなかったらしい。

ゆき姉ちゃんに、大人のごっこ遊びを頼まれた晋だったが、悩んだ末に断ることにした。

しかし、ゆき姉ちゃんは他の人を探してみるという!?

ゆき姉ちゃんの身体を他の奴に見られたくない晋は、図書室にもぐりこんで官能ごっこをする合図をした...

合図に戸惑いながらもスカートをたくし上げるゆき姉ちゃん、ドキドキが止まらない状態なのに晋はさらに小説の続きをし始める...

「ゆき姉ちゃんの官能ごっこ。」の感想(ネタバレあり)

メガネの大人しそうな文学少女が、官能小説を実際に体験してみるというお話。

直接的な裸や行為よりも、ねっとりといやらしいエロさがよく伝わってきます(笑

最初はちょっと触れるぐらいだったごっこ遊びも回を追うごとにだんだんエロくなっていきます。

しかし、このゆき姉ちゃんが高校生!?というぐらい大人っぽいというか...26歳OLといっても通用するのでは? 地味目な子は大人っぽく見えるのかな。

話の展開は、しばらくゆき姉ちゃんとの官能ごっこですが、さすがにエッチな漫画でヒロイン一人というのは飽きが来るので、違う女の子も登場してきます。

絵柄としては、女の子がかわいいと思いますが好みもあると思うので試し読みでチェックすることをおススメします♪

おすすめの記事