【漫画】「あいだにはたち」のネタバレ&感想!【思惑のある二人はそれぞれウソをつき..】

人にはそれぞれ秘密があります。

そしてウソをついてでも大きく見せたいもの。

それぞれの思惑でうまく立ち回れるのか...

表紙やあらすじから単なるエチエチ展開かと思いきや...話は結構複雑だった...ラブサスペンス「あいだにはたち」を紹介します!

「あいだにはたち」のあらすじ&ネタバレ

兄と同じ帝工大を目指す主人公の高校生、高江玲於奈は体力維持のため夜中にジョギングをしていた。

そこで、お酒を飲みながら泣いている女性に遭遇。

女性の名前はミサ、年齢は38歳。

18歳の玲於奈とは20歳差「あいだにはたち」

美人のミサと歳が離れすぎていると思った玲於奈は、とっさに兄の名前をつかい25歳の帝工大の大学院生とウソをついてしまう。

再び会う約束をした二人だったが、ミサのことが頭から離れず玲於奈は勉強が手につかない。

再び会った二人だったが、ここでミサから「セフレに興味がないか?」と提案される。

自分のついたウソでつながっていると思っていた玲於奈だったが、実はミサの方にも秘密があった。

彼女の目的とはなんなのか? 玲於奈のウソはバレるのか?

「あいだにはたち」の感想

セフレとか歳の差での恋愛とか、なんかエロそうな響きが並びますが、本編はそんなにエロくないです(笑

1巻だと、せいぜいミサの下着姿ぐらいで行為はあるけど、着衣のままと、あまりそっち方面に力は入れない様子。

その分ストーリー展開は、けっこうおもしろいのでストーリー展開を楽しみたい人にはおススメです。

エロ目的だとがっかりするかと思いますので、注意です♪s

おすすめの記事