【漫画】「DEAD Tube ~デッドチューブ~」のネタバレ&感想を紹介【エスカレートし続ける投稿合戦は...】

こんにちは。・∀・)ノ゛

今回は「DEAD Tube ~デッドチューブ~」の紹介です。

映画研究部のおとなしい高校生が、ある日突然 学園でもトップクラスの美少女に24時間密着の撮影を頼まれ、どんどん刺激的な映像を撮り続ける羽目になるというお話。

24時間密着というと、食事も風呂もトイレも寝ているところも、彼氏とアレのところもすべて。

最初は美少女の撮影だけだったが、二日目からは本当の目的が明らかになる...

※ この漫画は残虐な表現が頻繁にでてくるのでグロ耐性がない人は注意してください。

「DEAD Tube ~デッドチューブ~」のあらすじ&ネタバレ

主人公は映画研究部に所属している高校生2年生の町谷智浩(まちや ともひろ)

ある日、智浩は同じ二年で水泳部の美少女 舞にプールに呼び出される。

舞は智浩に2日間24時間何があっても自分を撮り続けてほしいとお願いをする。

24時間つきっきりでの撮影ということは、水着の着替え、風呂、トイレ、舞が寝ている間もカメラはまわしたまま。

1日が終わり、続いて二日目の撮影に入るとき舞は「今日が本番だから」といいだす。

舞が撮ってほしかったものはいったいなんなのか?なぜ智浩に撮影を依頼したのか?

「DEAD Tube ~デッドチューブ~」の感想

残虐シーンにエロ要素を入れて、どんでん返しのある過激な作品を撮り続けるというストーリーです。

主人公が内気ないじめられっこ体質で、ヒロインがぶっとんでいるという漫画はけっこうありますが、最初の方から主人公も普通のふりをして実は変態という感じで描かれています。

謎解きというより、最後に「欲がからむと人はこうなるよ~」という裏の顔を暴きたい作品って感じですかね。

エロシーンとしては、裸とか襲われるシーンはよく出てきますが、これらのシーンが実用的かどうかは人によってわかれそうです♪

まずは試し読みで絵柄をチェックするのがいいと思います。

おすすめの記事