【漫画】「人食いダンジョンへようこそ!」のネタバレ&感想を紹介【ダンジョンを充実させて魔王になろう】

こんにちは。・∀・)ノ゛

今回は原作 一年新先生、漫画 天道まさえ先生の「人食いダンジョンへようこそ!」のあらすじやネタバレ、感想を紹介します。

ダンジョンとは何か?どうやってできるのか?というダンジョン作成ストーリー。

エロや過激な描写は多いのですが、一応理不尽にモテたりすることはなく、ストーリーで必要な描写といえます。

ただ、でてくる女の子たちも、登場する背景が結構悲惨なものが多く、精神的にタフじゃないときついかもしれません。

※ 最初から卑猥、過激な描写があり、グロ系の描写も多いので苦手な人は注意してください。

「人食いダンジョンへようこそ!」のあらすじ&ネタバレ

主人公のエリオットは、村で宿屋を営む半魔族の少年。

ある日、アスタルテと名乗る女性がエリオットの母親を訪ねてやってくる。

アスタルテはエリオットに仕え教育するので、魔界のルールで領土を奪い支配しろという。

この日からエリオットが領土やモンスター軍団を従え王となる決意をする。

------------------------

アスタルテが訪ねてきてすぐに、鉱山の開発が進みエリオットの宿が邪魔になった村長は傭兵たちにエリオットを事故死させるつもりだという情報を得る。

しかし、傭兵たちは鉱山の採掘権を横取りしたい誰かの差し金で村長を裏切り村に襲い掛かる。

罠を張って傭兵たちを撃退したエリオットは、エリオットに好意を抱いていて死にそうだった村の娘をフレッシュゴーレムとしての蘇生に成功する。

村人や傭兵の死体はゾンビにし人が近づかないように村に放つ。

こうしてエリオットは鉱山村を支配するダンジョンマスターとしての第一歩を踏み出すことになる...

「人食いダンジョンへようこそ!」の感想

設定の説明もそこそこに展開が早すぎる~って感じの漫画ですね。

流れが読めない、説明不足との評価もありますが、グダグダ長い説明が嫌いな人にはテンポがよく好まれると思います。

あらすじを簡単に説明すると、半魔族の主人公が、崩壊した村を拠点にしてモンスター軍団を増やしていくというお話です。

淫魔が主人公のサポートにつくので性描写は多く、戦いも多いことから女性が乱暴されるシーンなども多いです。

なかなか人を選ぶ漫画だと思うので、コミックヴァルキリーのサイトで絵柄も含めてチェックした方がいいかと思います。

人食いダンジョンへようこそ! THE COMIC

おすすめの記事