【漫画】「クノイチノイチ!」のネタバレ&感想!【忍術学園でラッキースケベ...】

こんにちは。・∀・)ノ゛

「くのいち」って言葉なんかお色気的なニュアンスを感じますね。

女忍者というとスパイとして敵に潜入して必要があればエッチな術もいとわないなんてイメージがありますが、実際は存在したかどうか確かではないみたいですね。

今回は、忍者を目指すくノ一学園に潜入した主人公がエッチなトラブルに巻き込まれる漫画「クノイチノイチ!」を紹介します。

ちなみに、この「クノイチノイチ」には、続編があって「クノイチノイチ! 弐」がとなりのヤングジャンプで連載中です♪

「クノイチノイチ!」のあらすじ&ネタバレ

修学旅行で忍者村へ来た高校生の主人公 久野一(くのいち)は、エロ本に赤面するほどのシャイでドジな少年。

見学に入った忍者屋敷で不思議なカラクリに巻き込まれ、甲賀の里へタイムスリップしてしまう。

なんとか状況を理解した一は、元の世界に戻れるという忍法帖を取り戻すため、伊賀の忍術学園に潜入することになる。

忍術学園に向かう途中、理不尽な理由で縛られていたくのいちの「あやめ」に出会う。

なんとか忍術学園についた一だったが、実はそこは男子禁制のくのいち育成機関だった。

一は、無事に忍術学園で忍法帖を取り戻して元の世界に帰れるのか...?

「クノイチノイチ!」の感想

男子が女子だけの学園に入学して過ごすというのは、結構ありふれたパターンですが忍術学園というのはちょっと新しいパターンですね。

主人公がシャイでドジですが卑屈すぎたりはしないため嫌悪感はありません。

むしろなんとか頑張ろうというのは見えるので好感がもてます。

エロは、意識しているのか1話に必ず数か所のサービスシーンがあります。コンセプトとしてはストーリーでというより、サービスシーンがメインなんでしょうか。

ヒロインの「あやめ」が結構ドジっ子なので、ラッキースケベ的な要素があります。ヒロインの他にも、タイプの違う他のくのいちも出てくるので、飽きることはなさそうです。

ちなみに、絵は最初の方はもう一歩という感じもありますが、巻が進むにつれどんどん画力が高くなっていくので心配ありません♪

おすすめの記事