「淫らな邪教に巣喰うモノ」のネタバレ&あらすじ、感想!

今回は、原つもい先生作の漫画「淫らな邪教に巣喰うモノ」のネタバレや感想について紹介します。

原つもい先生といえば前作の「この島には淫らで邪悪なモノが棲む」でも怪しげな島での儀式や信仰というテーマでエロティックサスペンスを描いていました。

今作も怪しい新興宗教というテーマのサスペンスものにチャレンジしています。

絵柄がキレイで女の子はかわいいので、好みの絵柄だと思った方は前作もチェックしてみてください♪

「淫らな邪教に巣喰うモノ」をお得に読むなら、わたしが日ごろから愛用しているebookjapanがオススメです。特にebookjapanは本棚機能がとても便利です。数冊程度なら問題ありませんが、電子書籍は多く購入すると管理が大変になってきます。

⇒ ebookjapan(ebookjapan

ebookjapanのおススメポイント

1.月の会員費用を取られない!
2.T-ポイントがためられる
3.スマホ、PCでも読める
4.Yahooプレミアムだと読み放題サービスが無料
5.本棚機能で購入した本が管理しやすい

「淫らな邪教に巣喰うモノ」のあらすじ

突然、親を交通事故で失った優芽と亨の姉弟。植物状態の父親共々彼らを引き取ったのは大宇宙佐戸喰之尊教団を名乗る宗教団体だった。その教団の妖しくも淫らな儀式に、二人も参加することになり……描き下ろしコミックを12ページ追加! エロティックサスペンス、開幕!

引用:月刊コミック 電撃大王

1巻のあらすじ

何者からか逃げている状態で交通事故に合う場面からスタートと、いきなりミステリアスな雰囲気で始まります。そして親を亡くし行き場のない二人は、怪しい新興宗教の教団で世話になることになります。

新興宗教の内部では、裸でお祈りをしたり、夜は男女ペアで寝たり、怪しい儀式もあったりとカルト教団のような不思議な生活を強いられます。目的は様々ですが、教団の内部には、二人のことをよくしてくれる人やいじわるで邪険にする人などさまざまな人間が。

しかし、二人はほかに行く当てもなくこの教団で生活をしなくてはならないというジレンマがありました。そして弟の亨には、女性を虜にするという不思議な目があるようで、この力をつかって教団の信者を味方にできるのか、この先徐々にわかってきます。

2巻のあらすじ

身寄りがなくカルト教団での生活をするしかない優芽と亨。ついに夜寝る相手を別の相手がすることになる。

優芽は教団の女性、亨も教団の女性とペアに。お互い身体を優しくいじられてしまう...次の日、亨の不思議な目の力で虜になった「ここみ」は亨にべったりしてくる。ここみに好意を抱いている「かさね」は嫉妬のため憎悪のまなざしを向けてくる。

街で勧誘活動をする教団のビラに反応したのは、民憲党幹事長の辻浦。当落線上で票が欲しい辻浦は、宗教を味方にしたいと考える。さらに娘のかな子は、病気によりもって1年の命。教団の奇跡の力が本当ならば頼りたい考える。

辻浦の接触により教団は、亨の力をつかって治療術を行うことにするが...

「淫らな邪教に巣喰うモノ」のネタバレ

1巻のネタバレ

優芽と亨の姉弟は、父親の車で何かから逃げていた。亨が父から渡された箱には透明で中に星のようなものが入っているキレイな石が入っていた。

どうやら、その石は特別な力を持っているようで、その石のために争いが起きていたようだった。そのとき、突然前方からトラックがあらわれ、優芽たちがのっていた車は崖の下へと落ちていった。

父親がなんとか車から這い出ると優芽は無事だったが、亨は首の骨を折ってすでに息がなかった。父親はさきほどの不思議な石に何かを念じる...

優芽が意識を取り戻すと、父親は倒れており亨は息を吹き返していた。 病院に運ばれた三人だったが、父親は脳死状態で二人は大きな怪我もなく無事だった。

誰か連絡の取れる大人をという医師の言葉だったが、二人には身寄りがなかった。すると、突然女性の看護師が亨たちを養うといいだす。なんと、亨には女性の目を見ると意のままに動かせるという不思議な能力があった。

すると、父親の知り合いだという大人たちが病室にやってくる。二人は見たことがなかったが、大人たちは父親と知り合いで身元を引き受けに来た「佐戸喰之尊教団」の者だという。

その後は、あっという間にいろいろな手続きをされ教団の施設へと連れてこられる。しかし、その教団は男女が同じ場所で生活し、お祈りは裸、夜も男女が同じベッドで裸で寝るという怪しげなモノだった...

2巻のネタバレ

カルト教団で生活することになった優芽と亨だったが、意地悪なキリオの進言でついに夜のパートナーが姉弟以外になることに。

キリオはニヤついた顔で優芽の相手を希望するが、それはなんとか免れる。こうして優芽の相手は「ゆら」、亨の相手はおとなしめの「ひろ」に決まる。

パートナーと裸で寝るので、当然身体を愛撫される優芽と亨。次の日、亨は優芽に心配されるが変に意識してしまって徐々に性に目覚めていくようだった。

亨の不思議な目の力で虜になった「ここみ」が体調不良から復帰。目の力はまだ続いているようで、なにかと亨にかまってくる。「ここみ」に好意を抱いている「かさね」は嫉妬のため憎悪のまなざしを向けてくるようになる。

昼になり、教団の持つ奇跡の力を知る教えが始まる。それは不思議な石をつかって枯れた植物を再生するというもの。優芽はまったく植物を回復できなかったが、亨は回復どころか植物をさらに増やすという圧倒的な力を見せつける。

指導に当たっていた大人の講師は教団でも最上クラスの五代の能力に匹敵すると驚くとともに、亨の血脈である「桜屋敷」に秘密があるのではないかと考えだす。

一方、街で勧誘活動をする教団。教団の配るビラに興味を示したのは、民憲党幹事長の辻浦の使用人。辻浦の娘のかな子はもって1年の病気にかかっており、治療もままならず、もはや奇跡に頼るしかない状況だった。

当落線上で票が欲しい辻浦は、ビラを手にし興味を示さなかったが、秘書の進言で宗教を味方にしたいと考える。辻浦から接触された教団は、辻浦を取り込むためにかな子の治療を行うことに。

しかし治療術を使えるのは、教祖の五代か亨の父である桜屋敷だけ。教団はまず亨の力をつかって治療術を行うことにするが...

「淫らな邪教に巣喰うモノ」の感想

まだ1巻しかでていませんが、何やら伏線というか謎だらけの展開なので、この先の展開を読まないと評価が難しい漫画ですね。

絵はかわいらしいですが、その分エロはあっさり目なので人によって好みは別れそうです。

私はあんまり濃すぎるのは好きではないので、このぐらいあっさりで十分です♪

また、この漫画は、お尻をたたかれるシーンがあるのでスパンキングフェチの間で話題の漫画らしいです^^;

とにかくなにかあると罰としてお尻をたたかれてしまうので、主人公の女の子や教団の女の子もお尻出しまくりになのでお尻好きにはいいかもしれませんね。

「淫らな邪教に巣喰うモノ」をお得に読むなら、わたしが日ごろから愛用しているebookjapanがオススメです。特にebookjapanは本棚機能がとても便利です。数冊程度なら問題ありませんが、電子書籍は多く購入すると管理が大変になってきます。

⇒ ebookjapan(ebookjapan

ebookjapanのおススメポイント

1.月の会員費用を取られない!
2.T-ポイントがためられる
3.スマホ、PCでも読める
4.Yahooプレミアムだと読み放題サービスが無料
5.本棚機能で購入した本が管理しやすい
おすすめの記事