【漫画】「俺だけ入れる隠しダンジョン」ネタバレ感想&ポイントを紹介

ちょっとセクシーありの異世界ものです。

大賢者の能力を持つ主人公が、スキルを作成したり、書き換えたりするチートスキルを使用するには欲求を満たすことが必要。欲求は、なんでもいいが物語的にはエロいことをしてスキルを使用するポイントを貯めていくという展開になります。

この記事では、「俺だけ入れる隠しダンジョン」ネタバレ感想&ポイントを紹介します♪

「俺だけ入れる隠しダンジョン」のあらすじ&ネタバレ

1巻のネタバレ

貧乏貴族の3男である主人公のノルは、生まれながらに、大賢者のスキルを所持していた。しかし、大賢者スキルは使用すると「耐えられないほどの頭痛が起こる」というものだった。

予定していた仕事も別の貴族に奪われたため、英雄学校を目指すノル。英雄学校はかなり難しいため、合格できる方法を知るため大賢者のスキルを使うことに。

大賢者スキルは、キスをすれば収まることを知ったノルは、幼馴染のエマに頼んで頭痛を抑えることに成功。英雄学校に合格するための方法を大賢者が出した答えは、「隠しダンジョンに潜る」ということだった...

2巻のネタバレ

2巻のメインは、英雄学校の同級生であるマリアにかけられている強力で誰も解くことができない呪いをとくことです。

もちろん、ノルのチートスキルで呪いを解くことはできそうなんですが、なにせ強力な呪いなのでスキルを使うのに必要なポイントも桁外れ。使ってしまうとノル自身が死んでしまうという本末転倒な自体に陥ってしまいます。

チートスキルを貯めるには、やはりイチャイチャ展開は避けられず、登場するヒロインも増えて、幼馴染のエマやギルドの受付嬢ローラ、英雄学校のエルナ先生、魔を払う聖女のルナなど、盛りだくさんになってきます。

マリアの呪いを解くために奮闘するノル、呪いを解くために聖女に会いに行ったり、聖女でも難しい解呪のために必要なポイントを稼いだりと走り回ります。

はたして必要なポイントを貯めて、マリアの呪いを解くことはできるのか? 2巻もイチャイチャ全開の展開です。

「俺だけ入れる隠しダンジョン」のポイント

設定が面白いので話のテンポがいい

隠しダンジョンでチートスキルをもらって、それを駆使する。それを使う条件は欲を満たすという設定。

よくある強すぎて、なんでもかんでも適当に倒すという転生ものと少し違って、スキル使用のデメリットもあるので、目の前の課題に対する工夫の仕方が見ていて面白いところです。

話の流れ的にも、あまり停滞するところはなくテンポよく進んでいくので、読みやすいです。
(今後の展開次第というところもありますが)

主人公が謙虚で性格がよい

異世界系のストーリーの主人公は、だいたい傲慢系か無表情(怠惰)系が多いですが、ノルは謙虚で性格が良いです。

準男爵という、貴族の中では最底辺なのでオラつきも、卑屈すぎることもなく(多少はある)、前向きに進んでいきます。

そのため、不快感なく読み進めることができるでしょう。女の子のキャラが徐々に増えてハーレムっぽくなってくるので、そういうのが苦手な人には向きません。

女性キャラが魅力的(チラ多め)

ヒロインがかわいい上に、胸が大きくスカートが短いのでいわゆるお色気シーンは結構あります。今のところは、そういったシーンが一番多いのがヒロインです。

その後、ギルドの受付嬢、エルフの占い師、ギルドの同僚のお嬢様といった魅力的なキャラが登場します。女性キャラたちはみなかわいいので、お色気シーンが期待できます。

疑似エロシーンあり

軽くですが、がっつりでもないのでいわゆる本番系のエロシーンはありません。しかし、ヒロインのエマが巨大ウサギを討伐する場面では、まるで〇〇〇しているかのようなシーンがあったりと、絶対狙って描いてますw

あとは、想像で迫られるシーンや、下着、裸系はちょこちょこでてきます。バトル展開になるとしばらく出なくなるので、完全にエロ路線ということでもないようです。

ノルの欲求は性欲ばかり

ノルが得たスキルを使うためには、欲の力が必要になります。

欲は食欲や物欲でもいいのに主人公のノルは、ほぼ性欲を満たす方法を選んでいきます。
(見た目は草食系なのに)

そのため、今後もお色気、セクシーシーンは途切れることなく続く(はず)なので、今後の展開も期待できます。

「俺だけ入れる隠しダンジョン」の感想

異世界でセクシーが多い展開の作品は、あまり多くはありませんがこの漫画はちょこちょことセクシーシーンがありますね。

主人公は、草食系で奥手っぽいのに、「食欲」「睡眠欲」「性欲」おいった3大欲求の中の性欲を選んでポイントを貯めるあたりが「わかってる」感があります。まあ、当然読者としては、そっちに進むのはうれしいんですが。

絵もうまく出てくるヒロインの女の子たちもかわいいのがいいですね。ただ、巻が進むとバトルや進行が多くなって、チラやエロシーンは少なくなってくるのでどういう方向に行きたいのかがいまいちよくわかりませんでした。

おすすめの記事