【漫画】「女神のスプリンター」のネタバレ&感想を紹介【いい記録を出すには性欲管理が大切!?】

こんにちは。・∀・)ノ゛

義理のお姉さんに生活(性の方も)管理され、陸上のトレーニングを行うという設定の漫画。

お姉さんは「絶対服従」というS属性全開ですが、そこまでキツくないので、S系が嫌いでもギリギリ許せる範囲かな~という感じです。

今回は、おねショタ御用達、陸上トレーニング漫画「女神のスプリンター」のネタバレ、感想を紹介します!

「女神のスプリンター」のあらすじ&ネタバレ

主人公の浩太は、陸上の短距離走の選手だが、自他ともに認めるヘタレで何もかも中途半端だった。

部活での記録が伸び悩んでいた浩太は、兄のお嫁さんである恭子にコーチを頼むことになる。

恭子は、その美貌と才能から「トラックのビーナス」と呼ばれ陸上界のホープ、結婚後は実業団入りした兄を支えるためにコーチへの道を進んでいた。

しかし、兄は引退し海外に単身赴任中。恭子は大学に残ってトレーナを続けていた。

大学の独自トレーニングプログラムの研究のために協力する選手が必要だった恭子は浩太の頼みを快く引き受け自宅で一緒に生活することに。

その独自のトレーニングとは、テストステロンを増強させるというもの。

しかし、射精をすると体内のテストステロンの濃度はすぐに元に戻ってしまう。そのため、9日間は禁欲生活をすることに!?

浩太は、義姉に性欲管理をされながら禁欲生活を続けることができるのか!?

「女神のスプリンター」の感想

エロ漫画も描いているかろちー先生が一般漫画を手掛けた作品です。

絵がバツグンにうまいですが、さすがにスポーツをやりこんだ筋肉質の女性の身体は好き嫌いがありそうですね。

2巻からは、ゆるふわ保険の先生が出てくるのでスポーツウーマンが苦手でもこちらはいいかもしれません♪

また、お姉さんに絶対服従の未熟なボクという設定がおねショタ好きにはたまらないシチュエーションです。

ただし陸上に関しては、テストステロンを高めるための性欲管理以外に具体的なトレーニングを行う描写などは少ないため、陸上を目的にするとがっかりするかもです。

肉体や液体、アングルの表現はうまいですが属性的に好き嫌いがありそうなので、試し読みでチェックしてみてください。

おすすめの記事