【漫画】「インフェクション」15巻(最新刊)のネタバレ&感想を紹介

こんにちは。・∀・)ノ゛

今回は漫画「インフェクション」最新刊である15巻のあらすじやネタバレについて紹介します!

インフェクションは及川徹先生作のパニックサスペンス漫画で、現在15巻まで発売。

今回の15巻(特装版)にはマガポケの第125話から第132話とオマケ漫画「百合カプに割り込みたいJK編」、さらに超人気コスプレイヤー伊織もえが、インフェクションの各ヒロイン達に扮したセクシーなフルカラー32Pのミニ写真集が巻末についています。

「インフェクション」のあらすじ(導入)

主人公の高校2年生 天宮晴輝はエッチな話が好きな普通の高校生。

ある日、同級生のいたずらで偶然体育倉庫にいた磯波きららと二人で閉じ込められてしまった。

なんとか倉庫から脱出した晴輝に突如として目や口を、蛆のような物でいっぱいにした生徒たちが襲ってくる。

そのゾンビのような生徒たちは噛まれると感染してしまう「保菌者」だった。

主人公のいた地域はは隔離され、その中で進化する保菌者たち。

果たして主人公・晴輝たちはこの保菌者だらけの中生き残ることができるのか?そして感染の原因は?

【漫画】「インフェクション」のネタバレ&感想!【シリアスストーリーにエロコメディあり】

「インフェクション」15巻のあらすじ&ネタバレ

天宮蛍がテロ犯の容疑を掛けられ逃走した後、何者かに襲われる。

そして暴徒化した一般市民に殺され死亡したとのニュースが流れる。

総理大臣の金平には国政を担う力はなく蛍が死亡したというニュースで、アメリカが米軍を隔離地域に送ることを承諾する。

アメリカの狙いは、アメリカ中心の国連臨時政府を日本につくることだったが、それすらも高木が崇拝するあの人の思惑通りだという。

そして、入国してきた世界最強の米軍を進化した保菌者が打ち砕き世界に革命をもたらすことが本当の目的だという。

もう手遅れかとみなが思い始めたが、大量の無力化装置と隔離地域の脱出は「あの人」の想定したルートから外れていたのだった。

高木を逃がし一緒に犯人と戦おうとする晴輝...しかし、高木はが手を鳴らすと意識を失い...

晴輝と高木は共闘して犯人を追い詰めることができるのか?米軍と保菌者との戦いは?

「インフェクション」次巻はいつ発売?

インフェクションの最新刊は、現在15巻で2019年4月25日に発売されました。次巻、16巻は2019年08月16日の発売予定です。

次巻は16巻で、2019年8月16日の予定です。(ベルアラート調べ)

インフェクションを無料で読みたいという人は、以下の記事で全巻無料で読む方法を紹介しています!

「インフェクション」15巻の感想

テロ犯に仕立て上げられた蛍、ついに犯人に考えていることがわかった晴輝、そして高木を助けようとしたが...

漫画は徐々にクライマックスへ向かってさまざまな謎が少しづつわかってきましたね。

蛍が死亡したとのニュースはショックでしたが、あっさりとしか触れていないのでたぶん生きているんでしょうね。

それに高木と晴輝がともに戦う姿を診たかったですが、しれもかなわぬことになってしまいました。

14巻が、かなりらぎ姉との濡れ場シーン満載だったせいか、今回の15巻は真面目回でエッチシーンはほとんどありませんでした。

16巻はセクシーシーンがあるといいですね♪

おすすめの記事