【漫画】「塔の管理をしてみよう」のネタバレ&感想を紹介【二人のかわいい従者と塔を守れ】

こんにちは。・∀・)ノ゛

今回は「塔の管理をしてみよう」のネタバレや感想を紹介します。

二人のかわいい従者とともに塔をつくっていくシム系のストーリー。

とうぜん、二人の従者は夜のお供も可能なのでHな展開も...

「塔の管理をしてみよう」のあらすじ&ネタバレ

現世では交通事故で亡くなってしまった、主人公の孝助は女神の力で別の世界へと召喚を果たす。

考助には女神から案内役として二人の従者と神の力を授かる。

二人の従者はこれから行動するために、どちらかを選べとせまる。

二人とも従者とした考助は、従者にコウヒとミツキという名前をつける。

とりあえず生活の拠点をつくるため街についた3人は冒険者として活動することになる。

順調に冒険者としてのランクをあげる考助は、知り合った冒険者から塔の情報を得る。

「最初に塔の最上層を攻略した者が所有できる」

自分たちの能力が目立つことを懸念した考助は、確実に安全が保障された塔を拠点にしたいと考える。

そしてついにセントラル大陸で一番大きな塔を攻略した考助は、早速塔の管理を始めることに...

「塔の管理をしてみよう」の感想

事故で死亡後に女神によって別の異世界へ送られ、新しい世界で無双する。

と、設定こそテンプレっぽいですが、コウヒとミツキという二人の眷属とのやり取りや、他の異世界ものにはない「塔」という要素があります。

塔は主人公の力や条件を満たすことでレベルアップし、新しい機能や設備が増えていくので町や村を育てるようなシム系の面白さもあります。

女の子は、最初にコウヒとミツキの二人だけですが、新たに召喚したり、別の冒険者が仲間になったりするのでHな展開も期待できます。

絵柄は全体的にかわいい系の画なので、好き嫌いはありそうです。

まずは試し読みでチェックしてみてください。

おすすめの記事